トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルが便秘になる症状と原因

スポンサードリンク

★トイプードルが便秘になる症状と原因


プードル


老犬のトイプードルでは、便秘は胃腸以外の原因で起こることが多いようです。去勢手術されていないオス犬では、前立腺の病気がもっとも疑われます。


★トイプードルのうんちが出にくい症状の原因


前立腺が多くくなると、トイプードルはもちろん、犬は直腸が圧迫され、うんちの通りが悪くなります。これもオス犬に多い病気です。会陰ヘルニア(肛門の左右の筋肉が避けて腸管などが突出する)によっても便秘になります。

犬によって胃腸の働きが低下したり、甲状腺機能低下症、骨盤まわりの腫瘍によっても便秘が起こりやすくなります。便秘を予防するには、食事管理と適度な運動がとても大切です。

「便秘には食物繊維」と考えがちですが、病気によっては逆にひかえたりする場合もあります。また、骨などのカルシウムに与えすぎもうんちを硬くします。

若いころからお散歩のときに排便していたトイプードルは、運動の刺激がないと便意をもよおしません。全く立てない状態でなければ、短時間でもお散歩に連れ出しましょう。

前立腺疾患とは、犬では前立腺は膀胱の後ろのほうに位置し、大きくなると直腸に圧迫し、排便障害が起こります。単純な肥大では排尿障害は通常見られませんが、腫瘍などになると排尿にも影響を及ぼします。

前立腺肥大は前立腺疾患の中ではもっとも多くみられ、良性であっても歳をとるとともに進行します。ホルモン剤の投与によっておも、前立腺肥大は治療できますが、去勢手術がより安全で確実な方法です。

前立腺疾患や会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫などの老齢病を考えると、7歳までに去勢手術を済ませんておくと安心でしょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルの病気 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT