トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの歩き方がおかしい原因と病気

スポンサードリンク

★トイプードルの歩き方がおかしい原因と病気


プードル


トイプードルも老化が進むと、筋肉量が減少し、筋肉の神経反応も鈍くなります。その結果、足腰が弱くなり、速く走れなくなったり、長時間歩くのを嫌がるようになります。


★トイプードルの歩き方がおかしい症状と病気


筋肉を使わなければ老化のスピードは速まってしまうので、痛がらないようであれば、自分のペースで適度の運動を続けさせたほうがいいでしょう。

腰や膝などの関節も、長年にわたるダメージによって炎症や変形が見られます。クッションの役割を果たしている軟骨も擦り減ったり、分離することがあります。

このような関節の病気では、多くの場合痛みを伴います。元気に遊んでいた愛犬のトイプードルが、突然どちらかの後ろ足を痛がり、足を持ち上げた状態でいる場合には、股関節脱臼や前十字靭帯断裂などが疑われます。

軽度の先天性の股関節形成不全(骨盤と大腿骨をつなぐ股関節部分の形状が浅く、不安定な状態になっている)では、若いころは靭帯や筋肉などが関節をしっかりと固定していて症状をあらわしませんが、歳をとるとこれらの組織が弱くなり、突然股関節脱臼を起こすことがあります。

肥満傾向の犬や、長年にわたってソリを引くなどの激しい運動を続けてきた犬の肩関節や股関節などに発症する変性性関節症という病気があります。

関節内の軟骨がすり減り、骨と骨が直接接触することによって関節が変形し、腫れと痛みを伴います。外傷や骨折、股関節形成不全などで関節面にズレが生じていると、発症の可能性は高くなります。

痛みが激しいときには、運動を制限し、鎮痛剤を投与します。ただし、これらのお薬は長期にわたって使用すべきではないです。長期にわたって使用するときには注意が必要です。

前十字靭帯断裂とは、前十字靭帯は膝関節の内部に存在し、膝がねじれすぎないよう防ぐ役割を担っています。老犬に伴って靭帯がもろくなったり、肥満による負担の増加に加えて、捻転や外力などが急激に加わることによって、この前十字靭帯が断裂することがあります。

断裂直後は、幹部の肢を地面につくことができずに足を上げた状態になり、強い痛みを訴えます。治療には手術が必要血なる場合があります。

手術をしなくても、2か月以上運動を制限しなければなりません。もし、先天性の膝蓋骨脱臼(膝のお皿がずれてしまう)があるのであれば、本症を起こしやすいので、かかりつけの動物病院で獣医師さんとよく相談しておいたほうがいいでしょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルの病気 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT