トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

老犬や病気のトイプードルのお散歩について

スポンサードリンク

★老犬や病気のトイプードルのお散歩について


プードル1


老犬や病気のトイプードルの場合、愛犬のトイプードルの気持ちをよくくんであげてください。普段あまり動きたがらないのに、お散歩大好きで、お散歩になると一生懸命に歩くトイプードルもいます。


★トイプードルの体に負担をかけない散歩


また、日によって行きたがる日とあまり行きたがらない日もあるでしょうし、長く歩きたいときもあればすぐに帰りたがるときもあるでしょう。

老犬といってもほとんど若いころと変わらなく生活している場合には、それほど気にしなくてもかまいませんが、体が不自由になっていたり、心臓などに病気がある場合には、愛犬のトイプードルを無理をさせないよう十分注意しなければなりません。

例えば、心臓病の場合などは、長時間の運動や暑い時間帯には、運動をしないように注意する必要があります。

関節炎や脊髄の病気などで足腰が不自由になってきている場合のは、階段などの段差がある場所では抱っこしてあげたり、胴輪を使って補助したり、できるだけ負担を減らしながら運動ができるように工夫してあげてください。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| お散歩と運動量について | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT