トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルがいる生活で模様替えや引越しをする場合

スポンサードリンク

★トイプードルがいる生活で模様替えや引越しをする場合


プードル6


ほとんど目が見えなくなっていても、トイプードルはもちろん、犬は今までの記憶を頼りにおおよその場所を憶えています。ですから例え目が不自由になっても、お家の中にいれば目が見えないとは思えないほど普通に生活することができ、特に困ることはもいないようです。


★模様替えや引越しをするときの対処法


しかし、見知らず場所に行ったりすると必要以上に怖がることがありますし、新しい環境のに慣れるまでに大変時間がかかることもあります。

できることなら、やむを得ない場所を除いては引っ越しなど新しい環境に変わること、部屋の模様替えや新しく大きな家具を加えることも避けたほうがいいでしょう。

ぶつかったりつまずいたりして、ケガのもとになりかねません。どうして引っ越しをしなければならない場合は、まず愛犬のトイプードルが落ち着ける場所を確保してあげましょう。

引っ越し前後にかけては、多くの人の出入りがあったり、大きな音がしたりと、不安な状態であることが多いものです。行きつけのペットホテルや動物病院、あるいは友達や知人、親戚などのお宅に、数日落ち着くまで預けておいたほうがいいかもしれません。

車の中でのお留守番に慣れているなら、日の出入りのある時間だけでも車の中で休ませたほうがいいでしょう。

また、新しいお家に慣れるまでは、トイレに関しては、子犬のころと同じように数時間ごとにトイレに連れて行くようにして、ちゃんとトイレでおしっこができたらたくさん褒めてあげるようにしましょう。

お留守番に関しては、お家に慣れるまではケージやサークルに入れて出かけたほうがいいかもしれません。ケージやサークルには気持ちのいいふかふかの別途や毛布を置いて、落ち着いて寝れるようにしてあげましょう。

「ケージに閉じ込めるなんてかわいそう」と思うかもしれませんが、慣れてしまえば落ち着いて寝られるようになり、むしろ眠い時には自分からハウスに入って中で寝るようにすらなります。

そうなるとケージは愛犬のトイプードルにとっての「落ち着いて寝られる移動式のマイルーム」になるので、どこに行ってもケージの中では安心して寝られるようになります。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| しつけのアドバイス | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT