トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

老犬のトイプードルの老いとどのように付き合っていくか①

スポンサードリンク

★老犬のトイプードルの老いとどのように付き合っていくか①


プードル4


トイプードルを含め、犬は私たち人間よりも生命速度が速く、飼い主さんよりも早く歳をとってしまいます。このことは、どの飼い主さんも当然ご存知のことと思います。


★愛犬のトイプードルの老化を受け入れる


しかし、多くの飼い主さんにとって、「愛犬が老いていく」ということを受け入れることは難しいことだといえるようです。

頭の中では「もういい歳だな」と理解していても、実際に体の機能が衰えて、寿命に近づいているということを毎日の生活になかで理解するのは、実は簡単なことではないのです。

動物病院に連れて行ったときに、「少し太らせたい」というような相談を獣医師さんに相談する飼い主さんも少なくありません。

歳をとるにつれて筋肉量が減少するため、若いころと比べると貧弱な体型になってしまったり、お腹だけが大きく目立つ、独特の体型になっていまうトイプードルもいます。

飼い主さんの「カッコイイ姿を取り戻したい」と願う気持ちもわからなくありません。ですが、これは栄養が足りなくて痩せているのではなく、老化現象として体が変化しているのですから、現状を受け入れるべきなのです。

「若いころはたくさん食べていたのに、ここの所食べなくたった」という悩むを抱える飼い主さんもいらっしゃいます。

多くの飼い主さんは病気を心配しているのですが、食べる量が減っても体重が大きく変わらないときには、老化によって代謝も落ちているわけですから心配はいりません。

かえって無理強いをして食べさせようとすると、愛犬のトイプードルに大きなストレスをかけることになります。「ドッグフードに表示してある量を食べてくれない」ということを心配している飼い主さんもいらっしゃいます。

私たち人間も同じですが、トイプードルはもちろん、犬にも個体差があり、老化の速度もまちまちです。基準量はあくまでも参考にとどめておいて、実際に愛犬のトイプードルが元気に楽しく生活しているのであれば、それでいいのです。

若いころと比べたり、ほかのい犬と比べたりするのは、かけがえのないパートナーの愛犬のトイプードルに対して失礼です。これもまた、老化を受け入れることの1つなのです。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| シニア犬生活 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT