トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

老犬のトイプードルの老いとどのように付き合っていくか②

スポンサードリンク

★老犬のトイプードルの老いとどのように付き合っていくか②


プードル5


「歳をとったな」と、愛犬のトイプードルの老化が目に見えて感じられるときがあります。歩く様子や顔の白髪、毛並み、体つきの変化などから、飼い主さんは愛犬のトイプードルの老化を感じ取るようですが、平均すると7歳くらいのことが多いようです。


★愛犬のトイプードルが「もう7歳」、「まだ7歳」


トイプードルを含め、犬の7歳は私たち人間の44歳くらいにあたります。内臓や骨格など、目に見えない部分にも異常を起こり始めているのかもしれません。

私たち人間でも、この年代になるとホームドクターの存在が重要になるように、愛犬のトイプードルのために獣医師さんと良い関係を築いておくべきでしょう。

しかし、街をゆく44歳の男性や女性に対して、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と声をかけたらどうなるでしょうか。こんな失礼なことはありません。

きっと犬も同じ気持ちだと思います。確かに犬も7歳になると、体に様々な変化が起こってはいるのですが、それは老犬の入り口に差し掛かっただけなのです。

まだまだ人生(犬生)の折り返し地点を回ったくらいかもしれませんし、ひょっとしたら、折り返し地点にも達していない可能性もあるのです。

また、同い年であっても、老化の進み具合にはかなりの個体差が見られます。同じ10歳であったとしても、体に全く問題のないトイプードルもいれば、残念なことに老齢病をいくつも抱えているトイプードルもいます。

過去に手術や大きなケガを経験していれば、それによっても体の状況は変わってきます。老化を受け入れるということは、やみくもに愛犬のトイプードルを年寄り扱いすることではありません。

年齢や見た目に惑わされずに、愛犬のトイプードルの体の状態を正しく把握し、それに応じた生活を用意することが、かけがえのない長年のパートナーの老化を受け入れることだと思います。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法





| シニア犬生活 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT