トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

老犬のトイプードルの老いとどう付き合っていくか③

スポンサードリンク

★老犬のトイプードルの老いとどう付き合っていくか③


プードル6


老化が進むと、日常の生活にも手助けが必要になることがあります。とくに後ろ足から衰えていくことが多く、排泄の失敗が目立つようになります。


★愛犬のトイプードルの「犬格(人格)」を尊重しよう


しかし、トイプードルを含め、犬も自信やプライドというようなものを持っていると、私自身は思っています。あまり粗相を繰り返していると、愛犬のトイプードルも自信を失い、プライドを傷つけることになります。

おむつをつければよいと簡単に考えるのではなく、なるべく自分でトイレに行かせるようにしましょう。トイレを室内に移して頻繁にトイレに連れて行くなど、トイレを失敗させない工夫をしてあげましょう。

視力や聴力が失われても、嗅覚だけは衰えていないことが多いものです。また、自力で歩行できくなっても、外の空気を吸わせてあげましょう。

たとえ自宅の庭や玄関先だけであったとしても、愛犬のトイプードルは開放感を味わい、脳に刺激を受けるはずです。愛犬のトイプードルにも負担がかからず、飼い主さんも無理をしない程度に、外に出しましょう。

飼い主さんは、愛犬のトイプードルの保護者であり、良き理解者でなければなりません。また、愛犬のトイプードルを尊重するということは、愛犬のトイプードルの人格ならぬ「犬格」を認めるということにもつながります。

とても理想的な、良い関係を築いている飼い主さんと老犬のペアも少なからずお見受けしますが、理屈ではなく、一緒に暮らしてきた長い年月が作り上げた、お互いの間にあるかけがえのない絆を、しみじみと感じさせられます。

歳をとれば、少しくらい悪いところがあっても当たり前です。健康であることにこだわりすぎず、病気とうまく付き合うような気持ちで、どーんと構えて愛犬のトイプードルに接してあげましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| シニア犬生活 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT