トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの寄生虫による感染症①

スポンサードリンク

★トイプードルの寄生虫による感染症①


プードル2


寄生虫には、動物の体内に寄生する内部寄生虫と、体の表面や皮膚の表層に寄生する外部寄生虫がいます。予防できる方法を心得ておきましょう。


★トイプードルの瓜実条虫症・鞭虫症・鉤虫症・糞線虫症・回虫症について


トイプードルを含め、犬の体内に寄生する内部寄生虫はには、肉眼では見えないほど小さなものから、素麵ほどの太さのものまで多種多様です。

ノミが感染源となる瓜実条虫(サナダムシ)は多数寄生している場合や子犬のトイプードルでは、下痢や下痢に伴う脱水症状を起こすこともあります。糞便中に米粒状の白い動く物体となって排出されることも多い寄生虫です。

体長4~7cmmの犬鞭虫、体長8~12mmの鉤虫、体長2mmの糞線虫は、犬に寄生した成虫が体内で産卵を行い、その卵が糞便により排出されたのち幼虫になり、外界で寄生するタイミングを狙っています。

幼虫は口から入ったり、犬の皮膚を突き破ったりして感染を広げていきます。鞭虫も鉤虫も、規制された成犬では無症状のこともありますが、多数に寄生されると下痢による脱水症状や貧血が心配されます。

体長4~20cmの犬回虫は、経口摂取や、胎盤や母乳を通して感染します。主症状は下痢で、子犬では小腸が閉塞して命を落とすこともあります。

内部寄生虫の種類によって、治療で使用する駆虫薬が違うため、うんちを動物病院に持参するなどして確定診断を受けることが重要です。


★トイプードルの瓜実条虫症・鞭虫症・鉤虫症・糞線虫症・回虫症の予防法


◆飼育環境を衛生的に保つ。

◆ほかの犬のうんちが残っているような不衛生な場所を避けてお散歩する。


愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルの病気 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT