トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

メスのトイプードルの発情期と生理(ヒート)とは

スポンサードリンク

★メスのトイプードルの発情期と生理(ヒート)とは


プードル8


メスのトイプードルの発情期は、発情前期、発情期、発情休止期、無発情期の4期に分けられます。


★メスのトイプードルの発情周期とは


そのうち、いわゆるヒートと呼ばれる、犬の陰部から出血が起こる時期は、平均およそ8日間続く発情期と、続いて発情期に入ってから排卵が起こるまでの合計2週間ほどとなります。

発情前期から排卵までには個体差があり、1ヵ月ほど出血が続くトイプードルもいます。平均およそ10日間続く発情期のあとには、黄体期とも呼ばれる発情休止期があり、この時期はメスの偽妊娠が起こることがあります。その後、次の発情まで3~8ヵ月間が無発情期となります。


★トイプードルのヒート中に注意すること


陰部が大きくなり、出血などある期間は、フェロモンのニオイでオス犬を惹きつけるので注意が必要です。ドッグランなどの犬の集まる場所は避けるようにしましょう。

陰部が大きくなる違和感から頻尿になるトイプードルもいます。また、発情休止期に偽妊娠をした場合は乳腺炎になっていないか気をつけて見てあげてください。

何度も偽妊娠を繰り返すトイプードルは、乳腺腫瘍のリスクが高まるため、避妊手術を検討することをおすすめします。


★トイプードルの避妊手術に適した時期とは


犬の周期のうち、黄体期に避妊手術をしないほうが望ましいとされる意見が少なくありません。黄体期に偽妊娠を繰り返すトイプードルの場合は、黄体期の後半に避妊手術をすると、プロクラチンの分泌が誘引されて乳腺が刺激されて偽妊娠の状態になる可能性があります。

発情出血開始から3ヵ月経ち、性ホルモンの影響がまったくなくなった無発情期を、避妊手術の時期として選択するのが望ましいでしょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルのオスとメス | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT