トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルのドッグドックの検査の内容&結果からわかること

スポンサードリンク

★トイプードルのドッグドックの検査の内容&結果からわかること


プードル


ドッグドックでは、次のような検査を行い、結果を判断します。


★トイプードルのドッグドックについて


血液検査赤血球や白血球を調べる「一般血液検査」、臓器も機能を調べる「生化学検査」、血液中のフィラリアなどの寄生虫の有無を調べる「寄生虫検査」があります。


身体測定体重、体温、心拍数、呼吸数などを測定して、異常がないか確認します。


身体検査体格(肥満や痩せていないかどうか)、視診(皮膚、耳、鼻、眼、口の中などに異常がないか)、聴診(心音などに異常がないか)、触診(関節やリンパ節などに異常がないか)


尿検査まず、腎臓機能に障害がないかを調べる尿の濃さと尿比重の検査を行います。また、スティック検査という、動物病院で簡単に行える方法で、いくつかの項目を検査します。

◆尿たんぱく:腎臓や尿路の問題がないか

◆pH:尿路感染症などないか

◆尿潜血反応:尿路の異常がないか

◆ビリルビン:肝臓や胆道系のいじょうがないか

尿たんぱくや尿潜血の検査で異常が見られた場合、尿中の沈殿物を顕微鏡で見る検査も行います。尿路感染症では白血球が、尿路結石では赤血球が多く見られるなど、病気のある場合は沈殿物も増えます。また、膀胱腫瘍による腫瘍細胞を検出できることもあります。


糞便検査寄生虫の有無を顕微鏡で調べるほか、消化管に炎症などがないか出血の有無で判断します。


レントゲン検査臓器の大きさや形、胸やお腹に水が溜まっていないか、肺の状態に異常が見られないかなどを調べるために行います。内臓などの腫瘍の早期発見にもつながります。触診などと合わせて、骨や関節の状態を調べることもできます。


超音波検査心臓や腹腔内の臓器の異常がないかを調べます。血流が着色されてモニター表示されるカラー・ドプラー超音波では、心臓の血流がわかるので、弁疾患などを発見できます。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| 長生きさせるためには | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT