トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルのお散歩を楽しくする3つの方法

スポンサードリンク

★トイプードルのお散歩を楽しくする3つの方法


プードル4


愛犬のトイプードルとのお散歩の時間は飼い主さんにとっても楽しい時間ですよね。そこで、知っておきたいたい楽しくお散歩する3つのコツをご紹介します。


★トイプードルと楽しくお散歩する3つのコツ


抱っこ散歩で外に慣らすお散歩はワクチン2回が済んだらOKか、3回目までNGか、動物病院での獣医師さんによって方針が違うようですが、3回目まで外に出さないでいると社会化が遅れてしまいます。

2回目のワクチンが済んだら、環境に充分に配慮しながら、抱っこ散歩で外の世界に慣らしましょう。強い刺激を与えないようにして、少しずつ慣らしていくといいでしょう。


リードを短めに持つ愛犬のトイプードルが自由に行動できる範囲が広いと、狭い道では通行人の迷惑になることがあります。

リードは短く持ち、自由にできる範囲が様いことを理解させましょう。並んで歩ける長さにリードを待って、どこを歩いたらいいかを教えましょう。


飼い主さんの指示であいさつをさせるほかの犬と出会ったときに、必ずあいさつさせる必要はありません。会うたびにさせていると、あいさつできないときも、あいっさつをしたがってリードをひっぱたり、吠えたりするようになります。

あいさつさせるときはおすわりをさせてから許可を出すなど、飼い主さんがルールを決めましょう。


★トイプードルのお散歩中に注意したい4つの苦手なもの


ほかの犬幼いころに親兄弟から離され、ほかの犬に慣れていないと、お散歩で会う犬を怖がり、吠えたりうなったりすることがあります。過去に嫌な経験をしている場合はなおさらです。


知らない人社会不足だと、飼い主さんと年齢や性別が違う人などを怖がることもあります。とくに男性や体の大きな人、声や身振りの大きな人、子供の甲高い声や動きなどを怖がる傾向があります。


大きな音工事の音やバイクや車の騒音など、聞きなれない大きな音を本能的に怖がります。できるだけ避けてあげるか、優しく声をかけたり撫でたりして、なだめてあげるなどの配慮が必要です。


動くもの自転車や車、バイクなどは怖がることが多いので、最初は離れたところから見せるなどして慣らします。追う習性もあるので、安全のためにも、追えないと学習させる必要もあります。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| お散歩と運動量について | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT