トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの子犬はどこで購入するのがいいのか

スポンサードリンク

★トイプードルの子犬のどこで購入するのがいいのか


プードル6


子犬のトイプードルを家族に迎える手段で一番多いのは、ペットショップでの購入だと思います。しかし、子犬のトイプードルが生まれ育った環境や親犬を確認できないお店には要注意です。


★優良なブリーダーから購入するのがおすすめ!


ペットショップに流通している子犬のトイプードルの中には、劣悪な飼育環境で満足にご飯を貰えななかった母犬から生まれたトイプードルもいます。

そういった子犬のトイプードルは生まれつき体が弱かったり、体が小さかったり、神経質だったりすることがあります。一方、優良なブリーダーと呼ばれる人たちから子犬のトイプードルを迎えれば、そのような心配はいりません。

親犬にも会わせてもらえますし、子犬のトイプードルは必要な時期にしっかりと母犬や兄弟犬、姉妹犬とふれあうことで様々なことを学習しています。

生後40日くらいで母犬から離され、ペットショップで販売されている子犬のトイプードルと比べて、飼い主さんの手元に来てからの苦労が少なくて済むでしょう。

また、子犬から迎えなければいけない理由はありません。子犬のトイプードルを飼うのは本当に手間がかかることですし、しつけに失敗すると吠える、噛むなどの問題行動を引き出してしまうこともあります。

優良なブリーダーのところで成長した成犬のトイプードルを譲ってもらったり、保護された犬を迎えたりすることも選択肢の1つです。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルの子犬の選び方 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT