トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの尿検査でわかることと気をつけること

スポンサードリンク

★トイプードルの尿検査でわかることと気をつけること


プードル1


「愛犬のトイプードルが高齢期に入ったので、こんど尿検査をしようと思っているのですが、尿検査でわかることと、気をつけることは何ですか?」7歳になるトイプードルの飼い主Nさんからのご質問です。


★おしっこを採取るときは尿を汚さない湯に注意しよう


Q.愛犬のトイプードルはオスで今年で7歳になりました。最近トイレシートにしたおしっこが乾くと、キラキラと光るものが見えたり、触ってみるとなんとなくざらついているような感じがしました。

また、頻繁にトイレへ行くのにかかわらず、1回で排出されるおしっこの量がわずかで、何とか無理にでも絞り出しているような様子です。

排泄のとき以外はとくに具合が悪そうな雰囲気はありませんが、念のため行きつけの動物病院に連れて行くことにしました。

すると、結石ができているので、獣医師さんから尿検査をしてみましょうと言われたのですが、尿検査をすることでいったいどんなことがわかるのでしょうか。また、尿検査をするにあたり気をつける点があれば教えてください。


A.尿検査をすることで、石や結晶の種類がほぼわかります。また、血液検査で検出できない初期の異常も見つけることができますが、詳しい病名がわからないときは、レントゲンやエコー検査もすることがあります。

尿は動物病院で採取してもらうか、動物病院の指示に従って飼い主さんが採尿しましょう。採取するにあたって大切なのは、尿を汚さないことです。

尿を採った容器が汚れていたり、、オス犬なら陰茎の先が汚れていないかも注意してください。また、採尿したら一刻も早く検査に出しましょう。

さらに、尿比重は尿が生成されたときの状態によって変化します。
いつ検査したかによって尿比重が変わるため、尿は朝一番に採取したものを動物病院に持参してください。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| 長生きさせるためには | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT